売却したい不動産物件があるとき

一つの不動産に対して数人の人が名義者となっていたら、販売するにあたっては、共有名義者のうち誰か一人でも反対する人がいると売却することが出来ないので、全員が承知しなくてはなりません。 バブル期なら値上がりあるのみでしたが、 […]